不都合な真実 パピーミルの実態 ペットショップで動物を買うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

今回はエンタメとは関係ありませんが、最近知った衝撃の事実に関して、私も知らなかったことなのでどこまで真実かはわかりませんが皆さんが考えるきっかけになればと思ってご紹介します。

猫

まず、「パピーミル」という言葉をご存知でしょうか?

もちろん私は知りませんでした。

「パピーミル」という単語で検索すると、本当に目を逸らしたくなるような画像がたくさん出てきます。

検索される際には自己責任でお願いします。

パピーミルとはパピー→仔犬、ミル→工場という意味で犬や猫を生産しペットショップに卸す業者のことです。

業者と言ってもパピーミルは免許や資格が必要ないので普通の住宅でも行なわれているようです。

日本では仔犬、仔猫が人気ですので、生まれたらすぐに親犬、親猫から引き離しペットショップに売られ狭いゲージにいれられて販売されます。

ここまでは想像がつきますが、敢えて言われなければ店頭で子犬子猫を見ても「かわいいなぁ」と思うだけだと思います。

全てのパピーミル業者がそうではないと思いたいですが、中には悪徳自家繁殖業者がいるのです。

そういった悪徳業者では犬や猫を身動きが取れない程狭いゲージの中でとっても不衛生な環境で経費削減のためまともに餌も与えられず、ヒートという発情期が来る度に無理やり後尾をさせられ、死ぬまで繁殖犬(猫)として出産してはすぐに仔犬を取り上げるを繰り返すのです。

パピーミルでの検索結果にはやせ衰え目を背けたくなるようなチワワやトイプードルがボランティアの方に救出され、元気な姿になっている写真が見つかりました。

そのように救出されるワンちゃんはごく一部で、ほとんどの子たちは子どもを産めなくなったら様々な方法で『処分』されてしまうようです。

犬

他にもペットショップでは3ヶ月を過ぎた犬や猫はどんどん価格が下がり安売りされ、それでも売れなかった子は保健所に連れて行かれる子もいるようです。

全てのペットショップがそうではないようですが、売れ残った子たちがどうなるかなんて考えたこともなかったので、そういった可能性もあるかもしれないとショックを受けました。

私は今までペットを飼ったことがありません。

けれど、周りの動物が大好きな子が時々「ペットショップでは絶対に買わない」と言っていたのを思い出し、動物が好きな人達は結構この現実を知っているのかなと思いました。

海外では生体販売自体を禁止している国もあるようで、日本のように仔犬、仔猫の時期から店頭で販売する国は珍しいみたいです。

みんながペットショップで動物を買わなければこういった業者も減るんじゃないかと言うことで、この事実をたくさんの人に知ってほしいという記事をたくさん見かけました。

ペットショップでは参考のために親犬や親猫の健康状態や大きさなどを聞くとわからないといわれるお店もあるようで、店頭にいる方は何も知らない人も多くいるのかもしれません。

これからペットショップで動物を買おうと思っている方は信用のおけるブリーダーさんや、里親を探している方から譲り受けたり、保健所に行くと引き取ることもできたりするので、動物を飼う際の選択肢に入れていただけたらと思います。

知りたくなかった、と感じる方もいると思いますが『不都合な真実』ってどこにでもあるものだと思います。

それを知ってどうするかは人それぞれで、それを責めることはできないと私は思います。

スポンサーリンク

タレントのテレビやイベントの出演を見逃したくない人に便利なサイト(*゚ェ゚)ノ

こちらの記事がおもしろかったと思ったらみんなにも教えてあげてください♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加